» » 人造石の特徴。メリットやデメリットとは

人造石の特徴。メリットやデメリットとは

posted in: 人造石 | 0

「人造石を選択することのメリットは何ですか」

取引をさせていただいているお客様からも時々いただくご質問のひとつです。このコラムでは、メリットだけではなくデメリットもあわせてスラクトリーの人造石(スラックストーン)の特徴を紹介させていただきます。

またとくに人造石といいましても、色々な種類がございますので、このコラムで扱うメリットやデメリットはスラックストーンのものだとご理解いただければ幸いです。

人造石のメリットとは

人造石を使用する場合のメリットとしては、次の3点が大きな点といえるでしょう。

  • 耐候性や撥水などの製品特性で優れている
  • 色やデザインが自由自在
  • お客様のご要望にあわせた商品開発が可能

それでは一つずつみていきましょう。

耐候性や撥水などの製品特性で優れている

スラクトリーの人造石(スラックストーン)は厳選した材料を使用し、生産時に撥水剤を練り込み、オートクレーブ養生をすることにより以下のような特性があります。

  • すぐれた材料強度と安定性
  • 耐候性が強く、防汚染性にも優れる
  • 吸湿によるカビや苔の発生を抑える
  • 優れた凍結融解抵抗を示し、寒冷地でも安心して使用可能

たとえば、天然のインド砂岩やライムストーンと比較して、スラックストーンのインド砂岩調やライムストーン調のほうが、耐候性や撥水にも優れるなど、天然石の欠点をカバーした高クオリティの製品となっています。

これによってもたらされる主なメリットとして、建物の外壁(外装)にも問題なく使用できるということがあります。天然石を外壁(外装)に用いた場合は、ヒビや割れなどが発生したり、カビが生えてしまったりと長持ちしないことも起こり得ますが、スラクトリーの人造石(スラックストーン)を使うことで問題が解消されるのです。

色やデザインが自由自在

これも人造石の大きなメリットの一つだといえるでしょう。天然石は自然由来のものですので、色やデザインについては、どうしても限りがあります。

人造石はそれに対して、色も自由自在ですし、インド砂岩調、ライムストーン調、モカクリーム調、スプリット調、テラゾー調などの様々なデザインを取り入れることが可能です。

お客様のご要望にあわせた製品開発が可能

人造石は、人の手によってつくられるものですので、お客様のご要望あわせた製品開発、つまりオーダーメイドに対応しております。

これによってお客様のほうで必要とされている特徴をピンポイントでかなえるような製品を提供することが可能になるのです。

スラクトリー・オーダーメイドの詳細はこちら

人造石のデメリットとは

これまではスラクトリーの人造石(スラックストーン)のメリットについて、説明させていただきましたが、どうしてもデメリットの面もあります。

  • 製造時間を考慮する必要がある
  • 天然石の種類によっては比較すると価格が高くなる場合がある

これについて説明しますと、スラクトリーの人造石(スラックストーン)は受注生産という形態をとっています。天然石であれば、在庫があれば直ぐに出荷できるということを考えるとデメリットの一つかもしれません。しかし、当社では特急対応も致しますので納期についてはご相談ください。

また、価格については、天然石にも種類がたくさんありますので、場合によってはスラックストーンのほうが高くなる場合もございます。これについても考慮いただければ幸いです。

まとめ

以上のようなことがスラックストーンの特徴、メリットとデメリットであります。スラクトリーの人造石(スラックストーン)には、天然石と比較しても決して負けない特性があります。ビルやマンションの外壁(外装)や内装にぜひご検討いただければと思います。

スラクトリー人造石の強み